AKA-博田法の治療対象 AKA-博田法は腰痛や肩、膝など関節痛の治療法です。東京都豊島区の望クリニックはAKA博田法の専門医療機関です

tel:03-3942-7886

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階

  • TOP
  • AKA-博田法の治療対象

AKA-博田法の治療対象

主な治療対象

整形外科に行くような「痛み」「シビレ」「コリ」「ツッパリ」等の多く(急性期の怪我を除く)にAKA-博田法は有効です。
レントゲンやMRIに「異常」が写り、すでに病院で病名がつけられていても、その多くは病名とは関係なく関節機能障害が原因です。
まずはAKA-博田法を受診してみると良いでしょう。

以下はAKA-博田法の治療対象となる病名や症状です。

頭・顔 頭痛(片頭痛・筋緊張性頭痛・血管拍動性頭痛・原因不明の頭痛等)、顎関節症、原因不明の歯の痛み
背骨(脊椎)
首(頚椎)
頚椎椎間板ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症、変形性頚椎症、頚椎症性神経根症、後縦・黄色靭帯骨化、頚肩腕症候群、いわゆる寝違え、ムチ打症(頚椎捻挫)後の長期に渡る痛み、ストレートネック、
原因不明と言われた痛みやコリ
背中(胸椎) 脊椎側弯症
腰(腰椎) 脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、分離症、変形性腰椎症、骨粗鬆症による腰痛、ただの腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、出産前後の腰痛
(骨盤) 骨盤輪不安定症、尾骨の痛み
四・五十肩、肩関節周囲炎、石灰沈着性腱板炎、腱板損傷、胸郭出口症候群、野球・水泳等による肩痛、原因不明と言われた痛みや
コリ
原因不明の胸の痛み、肋間神経痛
腕の痛みやシビレ、上腕二頭筋長頭腱炎
上腕骨内・外顆炎、野球・ゴルフ・テニス肘
手 指 腱鞘炎、バネ指、手根管症候群、へバーデン結節
股関節 変形性股関節症、股関節臼蓋形成不全、ただの股関節痛
半月板損傷、変形性膝関節症、膝関節水腫、タナ障害、
オスグッド病、スポーツによる膝痛
下 肢 坐骨神経痛、下肢の痛みやシビレ、シンスプリント
アキレス腱炎、外反母趾の痛み、踵の痛み、足底筋膜炎、
モートン病
その他 スポーツ障害、骨折や捻挫等、怪我のあとも続く痛み(古傷の痛み)、成長痛、原因不明と言われた痛みやシビレ

ご覧の通り、怪我や腫瘍以外の整形外科の痛みやシビレ等の多くの症状に適応です。
多くの方は、痛みがあると痛む部位が炎症などを起こしている。つまり痛む部位にその原因があると考えます。
また、手や足がシビレていると、頚椎や腰椎など背骨から出ている神経が圧迫していると考えます。

頭から、足の先まで様々な症状の原因が同じで、しかもそれが仙腸関節にあるというと、ほとんどの方は信じません。
AKA-博田法を知る前の私がそうであったように、AKA-博田法を知らない一般的な整形外科の医師も同様です。
しかし、長年の臨床経験から、これらの多くが仙腸関節を始めとする関節機能障害が原因のため、AKA-博田法で良くなることが期待できます。

AKA-博田法は痛みやシビレの治療だけでなく、診断としての側面もあります。診断とはその症状は何が原因で起きているかを見極めることです。AKA-博田法で変化・改善する症状は関節機能障害が原因と診断します。この場合、前の医療機関で診断された病名や、レントゲンやMRIに写る「異常」に対して治療するのではなく、AKA-博田法が必要です。
詳しくはこちら→AKA-博田法と画像診断

注)AKA-博田法は整形外科の様々な病名・症状に有効ですが、すべてが良くなるわけではありません。AKA-博田法は関節機能障害を治す治療法のため、それ以外のものには無効です。一定期間AKA-博田法を受診しても症状に変化が無い場合、関節機能障害は原因ではありません。その場合、症状にふさわしい専門の医療機関をご紹介しております。

症状についての疑問点など、詳しくは電話にてお問い合わせください。