AKA-博田法は腰痛や肩、膝など関節痛の治療法です。東京都豊島区の望クリニックはAKAと遠絡療法の専門医療機関です

東京都豊島区雑司が谷2-4-1
    03-3986-7889
AKA博田法 臨床実績
症例と診断・治療の実績
院長・住田憲是より
AKA-博田法について
なぜ治らないのか AKA-博田法とは
一般整形外科治療との違い AKA-博田法の治療対象
初診時のながれ
AKA-博田法で取れない痛み
整形外科で手術と言われた方へ AKA-博田法の治療の実際
手術しても痛みの取れない方へ AKA-博田法と画像診断
AKA-博田法類似治療へのご注意

AKA-博田法で取れない痛み

AKA-博田法は整形外科領域の症状が主な治療対象となります

整形外科の痛みやシビレの原因で最も多いのが関節機能障害です。そのため、さまざまな症状がAKA-博田法で改善します。しかし、全ての痛みやシビレがAKA‐博田法で良くなる訳ではありません。

AKA‐博田法では治らない痛みやシビレの原因は以下の通りです。
受傷したばかりの怪我の痛み(例:骨折、脱臼、打撲、捻挫等) 
*怪我の治る期間を過ぎても痛むもの(いわゆる古傷の痛み)はAKA-博田法で良くなることが多々あります
感染症で起こる痛み(例:脊椎カリエス、脊椎炎等)
内臓の病気が原因となって起こる痛み、シビレ、異常感覚
腫瘍による痛み
痛い部位に起こる局所の急性炎症によるもの(例:関節リウマチの急性期、痛風発作等)
*慢性期の関節リウマチの痛みはAKA-博田法で良くなることが多くあります
精神疾患によるもの(例:うつ病等)
脊柱管の狭窄やヘルニア、スベリ症、関節の軟骨の擦り減りが原因のもの(稀です)

<注>原因が上記①~⑦のいずれかに診断されても、痛みやシビレ等の症状はAKA‐博田法を行わないと確実に診断出来ないことがあります。
特に⑦と診断されたものは手術をすることなく、その多くはAKA‐博田法により症状が改善します。

整形外科でレントゲンやMRI検査をして病名をつけられても、痛みやシビレの多くは関節機能障害が原因です。(詳細はこちら AKA博田法と画像診断ご覧下さい。)
しかし、稀に関節機能障害が原因でないことがあります。AKA‐博田法を一定期間受診して、症状に変化がない場合は関節機能障害が原因ではないと診断します。 この場合、症状に合った専門の医療機関をご紹介しております。

AKA-博田法は整形外科領域の痛みやシビレ、コリ等の症状が主な治療対象となります。それ以外の症状については一度、電話でお問い合わせください。



診療科目
 ・整形外科
 ・リウマチ科
 ・リハビリテーション科


HOME医師略歴著作・掲載記事料金一覧初診の方へ通院中の方へ交通案内急性腰痛症(ぎっくり腰)
腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症変形性脊椎症脊椎分離症脊椎すべり症坐骨神経痛その他(腰痛症等)
変形性頚椎症肩こり四十肩・五十肩むち打ち症(頚椎捻挫)その他(肩・肘・首・手首等)変形性股関節症変形性膝関節症
その他 (股、膝、足関節の痛み)肩の痛み(野球など)肘の痛み(テニスなど)腰の痛み(ゴルフなど)その他(膝・足首など)
子供の成長期の痛み妊娠中、出産後の疼痛その他痛みサイトマップリンク集
 
Copyright(c)   AKA-博田法 望クリニック All rights reserved
produced by FARO