AKA-博田法は腰痛や肩、膝など関節痛の治療法です。東京都豊島区の望クリニックはAKAと遠絡療法の専門医療機関です

東京都豊島区雑司が谷2-4-1
    03-3986-7889
AKA博田法 臨床実績
症例と診断・治療の実績
院長・住田憲是より
AKA-博田法について
なぜ治らないのか AKA-博田法とは
一般整形外科治療との違い AKA-博田法の治療対象
初診時のながれ AKA-博田法で取れない痛み
整形外科で手術と言われた方へ AKA-博田法の治療の実際
手術しても痛みの取れない方へ AKA-博田法と画像診断
AKA-博田法類似治療へのご注意

変形性頚椎症 【肩・肘・首・手首の痛み】

変形性頚椎症とは(一般論)

頸椎には頭の重さ(成人で5~7kg)の他に両側の腕の重さがかかり、寝ている時以外は持続的に負担が加わる構造をしています。変形性頸椎症は、負担の加わる頸椎が徐々に傷んでくる状態です。

頸椎が変形性の変化を起こすこと自体は、自然な加齢に伴う変化です。
しかし、頸椎の変形に伴い、シビレや筋力の低下等、神経圧迫の症状が現れることがあります。脊髄が圧迫される場合を頸椎症性脊髄症、神経根(脊髄から出る神経の枝の付け根)が圧迫される場合を頸椎症性神経根症といいます。

症状としては、障害された部位に該当する筋力の低下や知覚障害などがあります。

望クリニック での考え方

変形性頚椎症が原因と言われた痛みやシビレの多くは、変形が原因ではありません。本当の原因は仙腸関節をはじめ、上下の頚椎の間の関節、肋骨と背骨の間の関節等の機能障害です。

一般的な整形外科では首肩腕の痛みやシビレ等の症状に対し、レントゲンやMRI等の検査を行い診断します。例えばレントゲンやMRIで頚椎の変形があれば「変形性頚椎症」と診断します。また、MRIで椎間板が飛び出ている様に見えると「頚椎椎間板ヘルニア」と診断されます。このように画像上の変化に基づき診断しています。

しかし、AKA-博田法の開発によりレントゲンやMRI等の画像診断はだけでは正確な診断ができないという事がわかってきました。(AKA-博田法と画像診断はこちら)

写真に写っているため、画像診断が必ずしもあてにならないと言われてもあまりピンとこないと方も多いと思われます。そこで、この点についてご説明します。

仮に、あなたの手が痛くシビレて困っているとします。整形外科に行くとまずはその原因を調べる為にレントゲンやMRI等の検査を行います。ここでは「頚椎が変形している」とか「椎間板が出ている」といった写真に写る異常を原因と考えます。症状が軽度であればビタミン剤のような神経の障害に対する内服薬を服用します。なかなか治らずに痛みやシビレが強い場合は、異常部位を手術で治療したりします。

このことからも写真に写る異常所見が現在の整形外科の診断と治療において重要視されていることがおわかり頂けるでしょう。しかし、AKA-博田法の開発により、仙腸関節をはじめ、頚椎、肋骨と背骨の間、手などの関節機能障害でも変形性頚椎症と同じような痛みやシビレを生じる事がわかりました。今まで画像診断で「変形性頚椎症」と言われた方の多くが実は「関節機能障害」が本当の原因であるという事がわかってきたのです。

このことは前医での診断が的を得ていなかったことを意味します。関節の機能障害が原因であれば治療はAKA-博田法が最適です。神経が障害されている事に対するビタミン剤や、写真に写る異常を治す手術も意味がありません。手術しても治らないという方は、関節機能障害が原因であったにもかかわらず、変形が問題だと考えて手術をしたために良くなっていない可能性が高いのです。
レントゲンやMRIで変形性頚椎症と診断された方は、まずAKA-博田法を行い、本当の原因を再診断する必要があるでしょう。

診療科目
 ・整形外科
 ・リウマチ科
 ・リハビリテーション科


HOME医師略歴著作・掲載記事料金一覧初診の方へ通院中の方へ交通案内急性腰痛症(ぎっくり腰)
腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症変形性脊椎症脊椎分離症脊椎すべり症坐骨神経痛その他(腰痛症等)
変形性頚椎症肩こり四十肩・五十肩むち打ち症(頚椎捻挫)その他(肩・肘・首・手首等)変形性股関節症変形性膝関節症
その他 (股、膝、足関節の痛み)肩の痛み(野球など)肘の痛み(テニスなど)腰の痛み(ゴルフなど)その他(膝・足首など)
子供の成長期の痛み妊娠中、出産後の疼痛その他痛みサイトマップリンク集
 
Copyright(c)   AKA-博田法 望クリニック All rights reserved
produced by FARO