AKA-博田法は腰痛や肩、膝など関節痛の治療法です。東京都豊島区の望クリニックはAKAと遠絡療法の専門医療機関です

東京都豊島区雑司が谷2-4-1
    03-3986-7889
AKA博田法 臨床実績
症例と診断・治療の実績
院長・住田憲是より
AKA-博田法について
なぜ治らないのか AKA-博田法とは
一般整形外科治療との違い AKA-博田法の治療対象
初診時のながれ AKA-博田法で取れない痛み
整形外科で手術と言われた方へ AKA-博田法の治療の実際
手術しても痛みの取れない方へ AKA-博田法と画像診断
AKA-博田法類似治療へのご注意

妊娠中 出産後の痛み 【その他痛み】

妊娠中 出産後の疼痛(一般論)

一般的に仙骨と左右の寛骨、2つの仙腸関節(お尻側)と恥骨結合(陰部側)とで連結されて構成される骨盤輪が緩んで起こるのではないかと言われ、骨盤輪不安定症ともいわれています。
産前は、妊娠6週頃から分泌される「リラキシン」というホルモンの作用で骨盤内の靭帯が緩む事で起こるのではないかと言われています。
産後は赤ん坊が産道を通過した事で骨盤が拡がり、その後も戻らず緩んでしまった為に腰痛が起こるとされています。

望クリニック での考え方

妊娠中・出産後の腰下肢痛などにAKA-博田法は高い効果を示しています。AKA-博田法の考え方は一般的な考え方とは異なることがありますが、豊富な臨床経験から仙腸関節を主とした関節の機能障害が関与していると考えられます。
妊娠中は、胎児の成長とともに骨盤にある仙腸関節にかかる負担が大きくなる事で、出産後は分娩時に仙腸関節に負担がかかる事で、仙腸関節が機能障害を起こすと考えられます。
治療は、2~4週間に1回の頻度でAKA-博田法を行っていきます。妊婦の方は、AKA-博田法を控えた方がよい場合もありますのでスタッフにご相談下さい。

症例
30代 女性 妊娠8ヵ月
来院までの経過
妊娠3カ月頃より徐々に腰と右臀部から足にかけての痛みが出始めた為、近くの整形外
科に受診。腰部椎間板ヘルニア、と言われ、温熱治療、マッサージ等のリハビリを受けたが
徐々に酷くなるため当院に来院。

他院での診断名:腰部椎間板ヘルニア
他院での治療:温熱治療、マッサージ等

来院時の症状:平成21年初診。
肩こりと頭痛がつらい。腰は右の方が痛む。右臀部から大腿後面にかけてしびれと痛み
がある。症状は入浴等温めると楽になる。また日によって症状が変わる。安静時もつらい。
麻痺等の明らかな神経障害はなかった。

下図参照

治療経過
AKA-博田法初回:腰の痛みが大分楽になった感じがします。肩コリも軽くなりました。
3回目:腰痛は大分いいです。肩こりが楽になった為か頭痛も感じなくなってきました。
5回目:腰も肩も楽です。調子いいです。
現在:この時点で症状がほとんどなくなった為、治療終了となった。その後、再発はない。

望クリニックでの診断:仙腸関節を主とした関節機能障害

考察:
元々腰が痛くない方でも、妊娠の進行とともに腰痛や肩こり、頭痛など様々な症状が出現することがあります。胎児の大きくなることで骨盤にある仙腸関節に負担がかかり、様々な症状を引き起こすことがあるのです。この方はAKA-博田法で治療をしたところ、速やかに症状が改善したため、仙腸関節の機能障害が痛みの原因と考えられます。
妊娠や出産後の方の中には仙腸関節の炎症が強く、再発を繰り返す方がいますが、この患者さんは関節に炎症は少なく、数回の治療で治癒しました。



診療科目
 ・整形外科
 ・リウマチ科
 ・リハビリテーション科


HOME医師略歴著作・掲載記事料金一覧初診の方へ通院中の方へ交通案内急性腰痛症(ぎっくり腰)
腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症変形性脊椎症脊椎分離症脊椎すべり症坐骨神経痛その他(腰痛症等)
変形性頚椎症肩こり四十肩・五十肩むち打ち症(頚椎捻挫)その他(肩・肘・首・手首等)変形性股関節症変形性膝関節症
その他 (股、膝、足関節の痛み)肩の痛み(野球など)肘の痛み(テニスなど)腰の痛み(ゴルフなど)その他(膝・足首など)
子供の成長期の痛み妊娠中、出産後の疼痛その他痛みサイトマップリンク集
 
Copyright(c)   AKA-博田法 望クリニック All rights reserved
produced by FARO