その他 【股・膝・足関節の痛み】

tel:03-3942-7886

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階

  • TOP
  • その他 【股・膝・足関節の痛み】

その他 【股・膝・足関節の痛み】

股関節臼蓋形成不全

望クリニックでの考え方

股関節臼蓋形成不全(以下、臼蓋形成不全)の治療で最も大事なことは、股関節痛の本当の原因は何かを診断し、それに合った治療を受けることです。

「股関節のかぶりが浅いから痛みがでる、痛みがひどいなら、手術で原因の部位を治療しましょう。」
整形外科でレントゲン写真を見ながらこのような説明を受けた方は多いのではないでしょうか。しかし、本当に手術が必要なのでしょうか?手術をすれば痛みは良くなるのでしょうか?
私は、今まで臼蓋形成不全で手術をされた患者さんをたくさん診てきましたが、必ず手術で良くなるというわけではないようです。良くなる方もいればあまり変わらない方、かえって悪化してしまう方もいるようです。

何故このような事が起きてしまうのでしょうか?
当院では、股関節の手術をしても痛みが残るのは、股関節痛の原因が臼蓋形成不全ではなく、他に本当の原因があったのではないかと考えます。

では、何が股関節痛の本当の原因なのでしょう?
股関節痛を起こす本当の原因として最も多いのが関節機能障害です。
特に仙腸関節の関節機能障害は体のあらゆる所に痛みやコリ、しびれなどを引き起こします。当然、股関節痛も例外ではありません。臼蓋形成不全と診断された股関節痛のほとんどは関節機能障害が原因のため、痛みはAKA-博田法により改善します。レントゲンで見ると股関節のかぶりは浅いのですが、それは痛みの原因でないことが多いのです。
残念ながらほとんどの医療機関は、まだ関節機能障害で痛みが起こることを知らないため、レントゲンやMRIを主な診断基準として手術を行っています。関節機能障害はレントゲンやMRIなどの画像では診断はできず、手術でも治りません。手術をしても痛みが残るのはこのためです。
何が痛みの本当の原因なのか?その診断により、当然治療法が変わります。股関節痛の本当の原因が臼蓋形成不全の場合、治療は手術です。しかし、関節機能障害が痛みの原因の場合、その治療にはAKA-博田法が必要です。臼蓋形成不全と診断された方の股関節痛で最も多いのが関節機能障害ですから、手術を行う前にAKA-博田法を受けることが重要です。

以上の考えに基づいて、当院では、これまで通常の整形外科で臼蓋形成不全と言われた症例をAKA-博田法で診断し、治療してきました。軽度のものから手術を目前にしたものまで様々な患者さんをAKA-博田法によって診断、治療してきた結果、AKA-博田法は臼蓋形成不全と診断された患者さんの股関節痛の約80-90%に有効でした。
つまり、股関節痛の本当の原因は、ほとんどが仙腸関節を主とした関節の機能障害であり、AKA-博田法で治療することにより多くは手術が必要なくなります。ただし、ごく稀に関節機能障害が原因であっても、股関節の変形が強く歩行に支障がある場合は、間接的に関節機能障害を起こしてしまう事がある為、手術をお勧めする場合もあります。

AKA-博田法は手術のように体に大きな負担はかかりません。臼蓋形成不全で困っている、手術を考えている方は、まずAKA-博田法を受けて関節機能障害が痛みの原因かどうかを診断する必要があるでしょう。手術はそれからでも遅くはありません。