四十肩・五十肩 【肩・肘・首・手首の痛み】

tel:03-3942-7886

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階

  • TOP
  • 四十肩・五十肩 【肩・肘・首・手首の痛み】

四十肩・五十肩 【肩・肘・首・手首の痛み】

四十肩・五十肩とは(一般論)

肩関節に現れる症状で骨折や脱臼、リウマチなどの病気や外的要因がなく肩が痛くなったり、腕があがりにくくなったりすることを「四十肩・五十肩」として定義されています。
四十肩・五十肩は1つの病態で、病名ではありません。
四十・五十とは年齢を指しており、主に50代をピークに40~60歳代の世代に起こりやすいことから、四十肩や五十肩とよびます。
痛みは、肩だけにとどまらず、首や腕にも痛みや不快感を生じる場合が多くあります。ひどい場合は、睡眠時の体勢により苦痛を感じたり、痛みで眠れないこともあります。

望クリニックでの考え方

四十肩、五十肩のほとんどは仙腸関節をはじめ胸椎々間関節、肋椎関節、胸肋関節、胸鎖関節等の機能障害が原因です。
発症の機序は基本的に肩こりと同じですが、(肩コリの症例参照リンク)四十肩、五十肩の場合は痛みの他に、拘縮(硬くなって動きが悪くなること)を伴うことが特徴です。

拘縮には、①仮性拘縮と②真性拘縮があり、治り方が異なります。

  • ①仮性拘縮とは、痛みの為に肩を動かせない状態です。これは、AKA-博田法により痛みが消えると速やかに肩関節を動かせるようになります。
  • ②真性拘縮とは、AKA-博田法を行って肩周囲の痛みが改善されても肩関節の動きが改善されない状態です。この場合制限の範囲以上に動かすと痛みを感じます。真性拘縮は、AKA-博田法を行ったうえで、痛くない範囲で動かしていると徐々に可動域は改善していきます。先に痛みが改善し、その後に肩が柔らかくなっていきます。
    仮に直後は動きが良くなっても、すぐに元の硬さに戻るだけでなく、長期的な経過はかえって治りが遅くなる傾向があるためです。

仮性拘縮、真性拘縮とAKA-博田法に対する改善の仕方に違いはあるものの、いずれも関節機能障害によるものが多く、AKA-博田法による治療が必須であると考えております。