妊娠中 出産後の痛み 【その他痛み】

tel:03-3942-7886

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階

  • TOP
  • 妊娠中 出産後の痛み 【その他痛み】

妊娠中 出産後の痛み 【その他痛み】

妊娠中 出産後の疼痛(一般論)

一般的に仙骨と左右の寛骨、2つの仙腸関節(お尻側)と恥骨結合(陰部側)とで連結されて構成される骨盤輪が緩んで起こるのではないかと言われ、骨盤輪不安定症ともいわれています。


産前は、妊娠6週頃から分泌される「リラキシン」というホルモンの作用で骨盤内の靭帯が緩む事で起こるのではないかと言われています。
産後は赤ん坊が産道を通過した事で骨盤が拡がり、その後も戻らず緩んでしまった為に腰痛が起こるとされています。

望クリニックでの考え方

妊娠中・出産後の腰下肢痛などにAKA-博田法は高い効果を示しています。AKA-博田法の考え方は一般的な考え方とは異なることがありますが、豊富な臨床経験から仙腸関節を主とした関節の機能障害が関与していると考えられます。
妊娠中は、胎児の成長とともに骨盤にある仙腸関節にかかる負担が大きくなる事で、出産後は分娩時に仙腸関節に負担がかかる事で、仙腸関節が機能障害を起こすと考えられます。
治療は、2~4週間に1回の頻度でAKA-博田法を行っていきます。妊婦の方は、AKA-博田法を控えた方がよい場合もありますのでスタッフにご相談下さい。