むち打ち症(頚椎捻挫)【肩・肘・首・手首の痛み】

tel:03-3942-7886

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階

  • TOP
  • むち打ち症(頚椎捻挫)【肩・肘・首・手首の痛み】

むち打ち症(頚椎捻挫)【肩・肘・首・手首の痛み】

むち打ち症(頚椎捻挫)の一般論

頚椎捻挫とは交通事故やスポーツ事故などで頚部に不意に衝撃を受け、頸椎周囲の筋肉や靱帯、神経や血管などの組織に損傷を受けた状態を言います。
首の痛みなどのほか、ひどいときは頭痛、肩こり、吐き気、めまいなどがみられます。頸椎捻挫の多くは一部分の軽い症状にとどまりますが、重症例では、交感神経や筋肉の異常な緊張により、腰が重い、肩がこる、上半身がしびれる、眼が疲れる、だるいなどの症状が見られ、長年苦しむこともしばしばあります。

望クリニックでの考え方

ほとんどが数週間以内に安静のみで治癒します。しかし、慢性的に症状の残るものや、受傷後数日してから症状が出現してきたものの中には、交通事故やスポーツ等の受傷時の衝撃で関節の機能障害を起こしている場合があります。AKA-博田法を行い症状に変化がみられれば、関節の機能障害が原因の可能性があるため治療を続けていきます。
治療期間は数回のAKA-博田法で良くなる方もいれば、定期的に治療が必要な方もいます。AKA-博田法により症状が変化する方は、関節の機能障害が原因のため良くなることが期待できます。

(注)むち打ち症の中に交通事故によるものがあります。この場合、関節機能障害だけでなく自律神経のアンバランス、事故後の保障の問題等様々な要因が複雑に絡まっているケースが多々あります。この場合、かえって症状が悪化したり、正確な診断・治療ができないことがあるため、当院ではAKA-博田法を行わないことがあります。