腰の痛み(ゴルフなど) 【スポーツの痛み】

tel:03-3942-7886

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階

  • TOP
  • 腰の痛み(ゴルフなど) 【スポーツの痛み】

腰の痛み(ゴルフなど) 【スポーツの痛み】

スポーツによる腰痛

一般的にスポーツにおける腰痛は過負荷によるものが多いとされています。骨盤は運動の要です。その為、スポーツはどの競技も骨盤にある仙腸関節に過大な負荷がかかり、仙腸関節の機能異常を引き起こしてしまっている事が多いようです。

仙腸関節の機能異常は体中の至る所で筋肉の異常な収縮を引き起こし、その異常な収縮を痛みや痺れとして感じます。(AKA-博田法とは参照)この筋肉の異常な収縮は、特に負担がかかっている場所に出やすく、スポーツによる負担が腰に強ければ腰に、膝に強ければ膝に、という具合に体の様々な部分の筋肉の異常な収縮を引き起こし、痛みやしびれを起こしてしまいます。

従来、スポーツの痛みに対してはマッサージやストレッチのような治療が主流でした。スポーツにおける腰痛は関節の機能異常による腰部周辺筋肉の異常な収縮を痛みとして感じているわけですからマッサージやストレッチを行えば筋肉の異常な収縮が和らぎ一時的に楽にはなります。しかし、筋肉のハリ等の異常な収縮だけを治療しても痛みの根本原因が仙腸関節等の関節機能異常が原因であれば残ったままなので再発しやすく、長い目で見ると徐々に悪くなっていく事が多いようです。
そのため、スポーツにおける腰痛は仙腸関節の機能異常を治療する事が必須になってきます。その点でAKA-博田法は最良の保存療法だと言えると思います。

スポーツによる腰痛にAKA-博田法を行うと、ほとんどの方は速やかに改善します。しかし、一部のプロスポーツ選手等、かなり仙腸関節にかかる負担が大きく炎症が強い場合は一定期間休養を取り、仙腸関節を休ませる必要がある事もあります。治療後は、スポーツを続けていく場合、必ず仙腸関節の機能異常が再発してきますので定期的に(約1カ月に1回程度)AKA-博田法を行い予防していく事が必要です。
また中高生等未成年のスポーツによる腰痛は、特にAKA-博田法への反応がよく、当院での経験では、ほとんどの方が数回のAKA治療で治癒される事が多いようです。