腰椎椎間板ヘルニア【腰痛・下肢痛】

tel:03-3942-7886

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階

  • TOP
  • 腰椎椎間板ヘルニア【腰痛・下肢痛】

腰椎椎間板ヘルニア【腰痛・下肢痛】

腰椎椎間板ヘルニア 一般論

背骨を構成する1つ1つの骨を椎骨といいます、そのうち腰の部分にあるものが腰椎で、腰椎と腰椎の問にあってクッションの役目をしているのが椎間板です。椎間板の中心には髄核と呼ばれるゼラチン状のものがありますが、加齢とともに弾力性を失います。
この椎間板の周辺部分である線維輪の亀裂から、椎間板の中心部分である髄核が脱出し、神経を圧迫して、腰痛やお尻の痛み、足先に放散する痛み、シビレ、足に力が入らなくなった状態(いわゆる根性坐骨神経痛)を腰椎椎間板ヘルニアと言います。
人口の1%程度に認められ、20~40歳代に多く、男性が女性より2~3倍多く、原因は、加齢的な変化に加え、軽微な外傷(捻挫や打撲など)や長時間一定の姿勢を強いる作業、スポーツ傷害などが誘因となって発生します。中には、重いものを持った際や「くしゃみ」などをきっかけに発症することもあります。

望クリニックでの考え方

当院には腰椎椎間板ヘルニアと診断されて手術をしたが症状が良くならなかったり、元の症状は良くなったが手術前とは違う場所に症状が出てきた、といった方が多数来院されます。これは、現在の整形外科に「関節の機能障害が痛みやシビレ等の症状を起こす」という概念がないためです。関節の機能障害はMRI等の静止画像ではわかりません。痛みの原因がMRIに写るヘルニアであれば手術をすれば治癒します。しかし原因が関節の機能障害の場合は手術をしても痛みが治る事はありません。

当院では腰椎椎間板ヘルニアと診断された方に対し、その症状の原因が本当にヘルニアなのか?それとも関節機能障害なのかをAKA-博田法で再診断しています。

その結果は以下の通りです。

①仙腸関節を主とした関節の機能障害が原因(全体の85%程度)
→AKA-博田法で治療する。
②本当に腰椎椎間板ヘルニアによる神経の障害が原因(全体の10%程度)
→手術を専門とする医療機関に紹介し手術をお願いする。
主な紹介病院:広尾日本赤十字病院、東邦大学病院等
③精神科的な疾患、その他
→痛みを専門とする精神科の専門医に紹介。
主な紹介先:高田馬場新沢ビルクリニック

つまり腰椎椎間板ヘルニアと診断された痛みやシビレの大部分は関節機能障害が原因です。