その他 【その他痛み】

tel:03-3942-7886

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階

  • TOP
  • その他 【その他痛み】

その他 【その他痛み】

頭痛

望クリニックでの考え方

慢性的な頭痛の中に関節機能障害が原因のものがあり、頭痛外来など専門の病院でも良くならない頭痛がAKA-博田法で良くなることがあります。

一般的に頭痛は、次の様に分けられます。

  • 1次性頭痛:原因がはっきりしない頭痛:片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛
  • 2次性頭痛:原因がはっきりしている頭痛:脳出血、脳梗塞、腫瘍、髄膜炎、緑内障等。

一般的な病院での治療は、その各々の病態に即した薬物療法です。

AKA-博田法の頭痛治療に対する考え方は以下の通りです。

point

  • 1次性頭痛(原因のはっきりしない頭痛)には関節機能障害が原因による頭痛が混在している。AKA-博田法により、関節機能障害が頭痛の本当の原因かを確かめる必要がある。
  • 関節機能障害は採血や画像診断等の通常の検査では診断できないため、関節機能障害が原因で起きている頭痛の多くは見逃されている。
  • 頭痛の原因が関節機能障害であれば薬による治療は対症療法で、根本治療はAKA-博田法である。

関節機能障害と頭痛は関係ないように思えるため、「そんな事はありえない」と思われる方も多いでしょう。専門の病院に受診した方ほど、その考え方には大きな隔たりを感じ、なかなか受け入れられないと考えるかも知れません。
しかし、腰痛や首肩のこりで悩んでいる患者さんのなかに、頭も痛くなるという方は大勢います。例えば、デスクワークの方で肩が凝ってくると頭痛もするという話はよく聞きます。肩こりの多くは関節機能障害が原因です(肩こりの症例を参照)。このことから関節機能障害と頭痛には充分な因果関係があると考えられます。
AKA-博田法で関節機能障害を治すと肩こりは軽くなり、同時に頭痛も良くなることが多々あります。また、肩はこらなくても頭痛にお困りの方も少なからず来院されます。AKA-博田法を行い頭痛の症状が変化すれば、関節機能障害が原因である可能性が高いと考えAKA-博田法を継続します。これにより、多くの頭痛は解消しています。
関節機能障害は新しい概念のため、頭痛との関係は科学的に証明されていません。しかし、AKA-博田法で治療すると良くなる頭痛が多いことも事実です。いろんな治療を試しても、なかなか治らずにお困りでしたら、AKA-博田法を受けてみてはどうでしょう。

(注)望クリニックの患者様の多くは、1次性の頭痛に分類される方です。AKA-博田法で診断・治療した結果、適応ではないと判断した場合、その時点で専門病院へ紹介いたします。