肘の痛み(テニスなど) 【スポーツの痛み】

tel:03-3942-7886

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階

  • TOP
  • 肘の痛み(テニスなど) 【スポーツの痛み】

肘の痛み(テニスなど) 【スポーツの痛み】

望クリニックでの考え方

皆さんの中にはこのような方はいらっしゃいませんか?

  • 肘の痛みでスポーツができない。
  • 慢性的な肘の痛みに悩んでいる。
  • 一度治った肘の痛みがスポーツの再開に
    伴い再発した。

一般にスポーツにおける肘の痛みは使い過ぎによるものが多いとされ、安静やフォームの矯正等が治療となります。これは、痛みの原因は肘自体に問題があると考えるためです。

当院の考え方は、一般的な整形外科とは大きく異なります。
肘の痛みの本当の原因は仙腸関節の機能障害であることが多いのです。仙腸関節の機能障害は体の様々な部位(特に体で負担がかかっている部位)に痛み等の様々な症状を引き起こします。
肘痛も同様で、その多くはスポーツや日常生活動作により肘に負担が加わり起こるようです。なかには肘だけでなく腰痛や肩こり、腕の痛み等を伴うこともあります。

AKA-博田法により痛みが軽減すれば、仙腸関節の機能障害が関係していると考えます。治療中、痛い肘にはほとんど触れません。一般的には肘の痛みは肘自体に問題があると考える為、肘に触れることなく痛みが消えると患者さんは不思議そうにされます。しかし、この現象こそが仙腸関節が肘の痛みの根本の原因と考える根拠です。また、肘の痛みを治すためにAKA-博田法を受けると、他の部位の痛みやシビレも良くなることがあります。この場合、それらの症状も仙腸関節の機能障害が原因です。

仙腸関節の機能障害が痛みの原因であれば、内服薬や注射などは対症療法に留まります。痛み根本から治すにはAKA-博田法が必要です。

一般的な治療を行ってもなかなか良くならない方は、仙腸関節の機能障害が本当の原因である可能性があります。一度AKA-博田法を受けてみてはいかがでしょうか。