一般整形外科治療との違い

tel:03-3942-7886

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階

  • TOP
  • 一般整形外科治療との違い

一般整形外科治療との違い

AKA-博田法と一般整形外科

日本人の約80%が生涯に一度は腰痛になるといわれています。腰痛の治療は通常、整形外科で行っています。しかし、腰痛をはじめとした整形外科的な痛み・シビレ・コリは一般的な整形外科では治りにくいことをご存知の方も多いでしょう。

外科の基本は、癌の手術のように「体によくないものを手術で取り除き病気を治す」というものです。そのため、整形外科医は診断の根拠を眼で見える画像診断(レントゲンやMRIなど)に求め、最終的な結論(治療)を手術に見出しがちです。

例えば腰痛では、「脊柱管の狭窄やヘルニアなどが神経を圧迫して腰が痛い」という前提で診断します。レントゲンやMRI検査で「異常」が見つかり、患者さんが痛みを我慢できないと訴えると、手術を行うこともあります。

AKA-博田法における痛みやシビレに対する考え方は、一般的な整形外科の考え方とは大きく異なります。
AKA-博田法では腰痛に限らず整形外科的な痛み・シビレ・コリなどの症状の約85%は、画像上の異常とは関係なく仙腸関節という関節が原因で起こっていると考えます。
つまり大部分の痛みやシビレは神経が原因ではないと考えます。

仙腸関節とは骨盤の後面にある関節で、みなさんを悩ませている腰痛・関節痛・シビレ・コリといった整形外科的症状のほとんどは、この関節が原因となって起きています。
仙腸関節が原因の痛みに対して手術を行っても症状は緩和されません。仮に一時的に良くなっても、多くは手術後安静にしていたことで痛みやシビレが軽減しただけで、しばらくすると元の症状に戻ってしまいます。(手術をしても痛みの取れない方へ参照

痛みの本当の原因がわからず、「画像上は治っているのだから痛いはずがない」と患者さんに言わざるを得ない現状は、患者さんにとってだけでなく、実は医師にとっても非常に苦しいのです。

私自身、以前は一般的に行われている投薬治療や温熱療法による治療を行い、手術もしていましたが、あまりにも治らない現状に疑問を抱き、答えを捜し求めてたどり着いたのが、AKA-博田法と言う治療です。

AKA-博田法は、現在よく行われているような整形外科の治療とはまったく違った視点から腰痛・膝痛、肩こりなど各種整形外科的な症状を診断・治療するもので、望クリニックはAKA-博田法による治療の専門病院です。

全国から痛みやシビレで悩んでいる患者さんが来院されてます

このホームページでは、一人一人の患者さんにお困りの症状について正しく理解していただくために、一般的な整形外科の考え方とAKA-博田法の考え方を比較しながら出来る限り詳しく説明しております。
長年の臨床経験を踏まえて正確な診断を行い、適切な治療を提供するためにも有効なものであると自負しております。

また、当院では診断と治療効果向上のため整形外科領域の痛みに特化し、AKA-博田法を中心として、東洋医学や咬合治療なども併用しています。
これにより、手術やブロックをせずに治す保存療法の世界最高水準を目指し、少しでも多くの患者さんのお力になれればと思います。