脊椎すべり症【腰痛・下肢痛】

tel:03-3942-7886

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階

  • TOP
  • 脊椎すべり症【腰痛・下肢痛】

脊椎すべり症【腰痛・下肢痛】

脊椎すべり症 一般論

脊椎すべり症は、椎骨(背骨を構成する一つ一つの骨)が前後にズレたために、脊柱の中を通る神経を圧迫して痛みやシビレが起こるという病気です。
脊椎すべり症には椎骨が欠けて分離した脊椎分離を伴っているもの(分離すべり症)と、そうでないもの(変性すべり症)があります。
分離すべり症は椎間関節(上下の椎骨をつなぐ関節)が分離して脊椎の安定性が悪くなり、成長期では椎体が変形したり、壮年期では椎間板が変性したりして発症します。
それ以外のすべり症は、椎間板の変性によるものが多く、腰部脊柱管狭窄症の原因となる事があります。
いずれも症状は、腰痛や下肢のしびれの他、まれに足の力が入りにくくなったりすることもあります。

望クリニックでの考え方

「脊椎すべり症と診断された痛みやシビレの本当の原因は仙腸関節の機能障害であることがほとんどであり、椎体がすべっていることが原因ではありません。」
脊椎すべり症はレントゲンやMRIを撮って診断します。しかし、整形外科における痛みやシビレの診断は、画像診断では当てはまらないことが多いとわかってきました。
AKA-博田法と画像診断参照リンク)

一方、仙腸関節を主とした関節の機能障害は、脊椎すべり症と同様の症状を起こす事があることもわかってきました。
その為、レントゲンやMRIによって脊椎すべり症と診断された患者さんが、痛みやシビレの原因が本当に脊椎がすべっていることによる症状なのか、あるいは仙腸関節の機能障害による症状なのかを再診断するべきだと考えています。

脊椎すべり症と診断された患者さんを当院で治療した結果、8~9割の方がAKA-博田法で改善し、痛みやシビレの原因は仙腸関節の機能障害であることが分かりました。残り1-2割の患者さんは関節機能障害が原因ではなく、他の原因(本当の原因は脊椎がすべっていることだったり、精神科的な疾患など)による症状でした。

レントゲンやMRIを撮って脊椎すべり症と診断された方も、痛みやしびれの原因はすべり症ではない可能性があります。まずはAKA-博田法を受診して、症状の原因は仙腸関節の機能障害かすべり症かを再度診断するといいでしょう。特に手術を考えている方は、手術をする前にAKA-博田法を受診することが大切です。

関節機能障害が原因の場合、AKA-博田法で治療を続けることで痛みやシビレは良くなるでしょう。この場合、すべり症は原因ではないので、手術で「異常(=すべっている状態)」を治しても、痛みやシビレの症状が治ることはありません。手術の要不要を診断する為にもAKA-博田法の受診をお勧めします。

また、手術をしたにもかかわらず痛みやしびれが良くならなかった方は、手術が上手くいかなかった可能性だけでなく、脊椎のすべりが痛みやシビレの原因ではなかった可能性が高いのです。当院には手術をしたのに痛みやシビレが良くなっていないという方がたくさん来院します。このような方は手術をしていない方に比べて治癒までに時間がかかる傾向があります。これは、手術の刺激により関節が硬くなったり、過敏な体質に変わったりすることがあるためです。
しかし、関節機能障害が原因の場合、AKA-博田法以外に根本的な治療法はありません。手術をして良くならなかったとあきらめるのではなく、一度当院へ御相談下さい。